作家アリスシリーズ(火村英生シリーズ)をご紹介!作品リスト・魅力・おすすめは?

2020年7月15日水曜日

有栖川有栖

t f B! P L
こんにちは!


今日は、有栖川有栖さんの作家アリスシリーズ(火村英生シリーズ)をご紹介したいなと思います。


作家アリスシリーズとは?


作家アリスシリーズ(火村英生シリーズ)とは、探偵役の英都大学社会学部の准教授火村英生と友人の推理作家有栖川有栖が難事件を解決していくミステリー小説です!


ドラマ化もされました、大変息の長い人気のシリーズ作品でございます。

国名シリーズについて



ちなみになんですけど作家アリスシリーズ中の、エラリークイーンに倣いタイトルに国名を冠した作品を国名シリーズとも呼びます。
今のとこ刊行されているのは10冊かな。
作品リストについては以下を参考にして下さい。


作家アリスシリーズの作品リスト


※これは多分以前刊行されたものから、再度収録した作品集なんだろうなぁというものは除いてあります。

もし漏れがあったらごめんなさいね!


46番目の密室
ダリの繭
ロシア紅茶の謎(国名シリーズ1)
海のある奈良に死す
スウェーデン館の謎(国名シリーズ2)
ブラジル蝶の謎(国名シリーズ3)
英国庭園の謎(国名シリーズ4)
朱色の研究
ペルシャ猫の謎(国名シリーズ5)
暗い宿
絶叫城殺人事件
マレー鉄道の謎(国名シリーズ6)
スイス時計の謎(国名シリーズ7)
白い兎が逃げる
モロッコ水晶の謎(国名シリーズ8)
乱鴉の島
妃は船を沈める
火村英生に捧げる犯罪
長い廊下のある家
高原のフーダニット
菩提樹荘の殺人
怪しい店
鍵の掛かった男
狩人の悪夢
インド倶楽部の謎(国名シリーズ9)カナダ金貨の謎(国名シリーズ10)


魅力は?



まずですね!キャラが良いです!
探偵役の火村さん、めちゃくちゃかっこいいです。
初めて読んだ時、ちょっとこのキャラかっこ良過ぎんかね?って思ったくらいかっこいいです。

そして、ワトソン役のアリスもとても魅力的です。
なーんか良いんですよ。アリスって。
もうそんな二人が揃うと、嬉しくなります。
やっぱり大事だよなぁ。キャラってって思います。

とまぁ、キャラのこと書きましたけど一番の魅力はもちろん正統派の本格推理ものとしてめちゃくちゃ面白いということです(*´∀`)
本格推理ものの良さをめっちゃ教えてくれます。

ミステリー読むなら絶対読むべきシリーズだと思います。

これはね、ミステリー読んでた癖にこのシリーズにはハマるのが遅くなってしまった私からのメッセージです(´Д⊂ヽ

おすすめは?



作家アリスシリーズの個人的おすすめも書いておきますね。


46番目の密室

まずはこの作品!
作家アリスシリーズ第1作目です!
やっぱり記念すべき1作目ですしね。
読んで欲しいなと。
密室ものの良さを教えてくれる作品です!

スウェーデン館の謎

この作品は頭の悪い私でも、ついつい考えたくなるような謎でとても楽しめました!


スイス時計の謎

国名シリーズの中・短編集の中で、この作品が一番好きですね。


ロシア紅茶の謎

楽しく読める短編集です。


絶叫城殺人事件

ちょっと後味が悪めの短編集です。

個人的には、雪華楼殺人事件と表題作が特に面白かったです。


朱色の研究

謎解きも面白かったですし、大変魅力的な作品でございました。
おすすめです。


狩人の悪夢

私には理解するのに時間がちょっとかかる火村さんの推理でしたが、ははーなるほどぉとか言いながら面白く読めました!

あと、ラストの方のアリスが火村さんへかけた言葉になんかちょっとうるっとしてしまいましたね。
友情やね( ;∀;)

その他、英国庭園の謎、菩提樹荘の殺人、火村英生に捧げる犯罪とかも好きだな!

ということで作家アリスシリーズ(火村英生シリーズ)ご紹介でした!





スポンサーリンク

このブログを検索

QooQ