加賀恭一郎シリーズをご紹介!

2021年1月30日土曜日

おすすめミステリー小説

t f B! P L

こんにちは!


今回は、東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズのご紹介です!


ちなみに加賀恭一郎シリーズは、刑事の加賀恭一郎が謎を解いていくシリーズです。


作品一覧

卒業 

※加賀刑事が大学生の頃のお話です。

眠りの森

どちらかが彼女を殺した

悪意

私が彼を殺した

嘘をもうひとつだけ

赤い指

新参者

麒麟の翼

祈りの幕が下りる時


希望の糸 ※スピンオフです。


私のおすすめはこれ!


お次は私のおすすめをご紹介したいと思います。


新参者


日本橋の片隅で一人の女性が絞殺された。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎の前に立ちはだかるのは、人情という名の謎。手掛かりをくれるのは江戸情緒残る街に暮らす普通の人びと。「事件に傷ついた人がいるなら、救い出すのも私の仕事です」。大切な人を守るために生まれた謎が、犯人へと繋がっていく。


まずはこの作品です!

いやもう新参者はね、私の好きな東野作品第一位なくらい大好きな作品なんですよね。

温かさが最高に良くて、私に刺さりまくった作品です。


悪意


人気作家が、仕事場で殺された。第一発見者は、その妻と昔からの友人だった。逮捕された犯人が決して語らない「動機」とはなんなのか。

 

こちらも加賀シリーズの中ではとかじゃなくて、東野さんの作品の中でも大好きな作品です。

凄い見事な作品だと思うのよねぇ。私。


祈りの幕が下りる時


明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。


読み返す度に好きになっていった作品です。

泣けますねぇこの作品は。


あと、どちらかが殺したと私が殺したはミステリー好きならおすすめですねぇ。



ということで、以上加賀シリーズのお話でした!








このブログを検索

QooQ