トリックが凄すぎました 占星術殺人事件

2021年2月11日木曜日

おすすめミステリー小説

t f B! P L

こんにちは!

今日は、あの名作ミステリー小説、島田荘司さんの占星術殺人事件のお話です。


密室で殺された画家が遺した手記には、六人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る計画が書かれていた。彼の死後、六人の若い女性が行方不明となり肉体の一部を切り取られた姿で日本各地で発見される。事件から四十数年、未だ解かれていない猟奇殺人のトリックとは!? 


トリックは別のところで知っちゃったけど


この作品は本当にトリックが凄いんですよねぇ。

トリックは、まぁ…金田一少年の事件簿で知っちゃたんですけど、いやーホントこのトリックを知った時は衝撃的でしたね。

天才でしょ…このトリック考えた人…って。感動したものですよねぇ。


凄く面白いから読んだ方がいいと言われて


そんなトリックだけ知ってる状態だった占星術殺人事件を読んだのは、あの当時ミステリーにハマっていた家族が読んでおすすめしてくれたからなんですよね。

私には、最初が読むのがちょっと大変だろうけど、凄く面白いから読んだほうがいいと言われましてね(ちなみに家族もトリックは先に知っちゃていました)

それで、まぁ、読んでみたら、めちゃくちゃ面白くてねぇ。

探偵の御手洗がまた魅力的でカッコ良くて。

この後、御手洗シリーズは結構読んだものですよ。


占星術殺人事件は、読むべきミステリー小説10選とか作ったら、必ず入れたい一冊です。

ミステリー初心者の方には是非読んで欲しいなぁと思います。


このブログを検索

QooQ