レベル7 感想 

2021年7月12日月曜日

宮部みゆき

t f B! P L

こんにちは!


今回は宮部みゆきさんのレベル7の感想です。

 

レベル7まで行ったら戻れない――謎の言葉を残して失踪した女子高生。記憶を全て失って目覚めた若い男女の腕に浮かび上がった「Level7」の文字。少女の行方を探すカウンセラーと自分たちが何者なのかを調べる二人。二つの追跡行はやがて交錯し、思いもかけない凶悪な殺人事件へと導いていく。


私、宮部さんの作品が好きでよく読み返すんですけど、この作品はトップクラスに読み返してると思います。

なんか、読み返す度に好きになっていった作品なんですよねぇ。

最初読んだ時より何回も読み返した今の方が好き度が強いというそういう作品です。

私、定期的に宮部さんの作品が!文章が!読みたい!ってなるんですけど、レベル7はそういう時にとても重宝してます。


面白くて読みやすいんですよね。


まず謎めいた始まりが最高です。

記憶喪失の男女、謎の言葉を残して失踪した少女。

特に記憶喪失の二人が、自分たちのことをちょっとずつ探っていく過程は私にはたまらないものがあります。

好きなんですよね。ちょっとずつ判明していくのが。

読んじゃいますよこれは。

そして、よくわからなかった登場人物たちがちょっとずつ物語の主軸の線に乗って集約していくのがまたいいんですよね。

ラストがわりと明るめな感じも好きですし。

名作とは違うかもしれませんが、個人的には本当に大好きな作品ですね!



このブログを検索

QooQ