おまえさん 感想 

2022年1月22日土曜日

宮部みゆき

t f B! P L
宮部みゆきさんのぼんくらシリーズ3作目、おまえさんを再読しました。


あらすじ


南辻橋で斬り殺された男の亡骸が見つかった。
それは、辻斬りと断じるには、ためらいを感じる何となく平仄の合わないことがまとわりついた亡骸だった。

そんな時、南辻橋とよく似た手筋で生薬屋瓶屋の主人、新兵衛が斬り殺されているのが見つかる。

本所深川同心、平四郎が瓶屋に向かうと同心間島信之輔とともに来ていた、変わり者のご隠居源右衛門が新兵衛と南辻橋の辻斬りは同一人だと言う。


感想


いやーやっぱりおまえさんめっちゃ面白いですねぇ。
ぼんくらシリーズ全部面白いですけど、一番好きかなーと。
多分、また記憶が薄れた頃に読み返してると思います笑
それくらい面白いです!

読み応えがあって、犯人にたどり着くまでの過程も面白くて。
主要キャラは個性的で、新しく登場したキャラも良くて、それを囲む事件に関わる周囲の人たちも人間っぽくて良いですし。

またこのシリーズ、いつか出るといいな。









このブログを検索

QooQ