菜の花食堂のささやかな事件簿 感想

2022年5月13日金曜日

ミステリー小説

碧野圭さんの菜の花食堂のささやかな事件簿を読みました。


「自分が食べるためにこそ、おいしいものを作らなきゃ」菜の花食堂の料理教室は今日も大盛況。オーナーの靖子先生が優希たちに教えてくれるのは、美味しい料理のレシピだけじゃなく、ささやかな謎の答えと傷ついた心の癒し方……?

 

感想


現実の日常に近い感じの作品でした。

料理教室の生徒の困り事を優しく穏やかに解決する靖子先生が、とても良かったです。

ラストの爽やかな終わり方は、凄く好きな感じで嬉しくなりましたね。

胸アツでした。




このブログを検索

お問い合わせ

何かありましたらこちらのお問い合わせフォームよりお願いします。

QooQ