閻魔堂沙羅の推理奇譚 感想

2022年7月28日木曜日

ミステリー小説

t f B! P L

木元哉多さんの閻魔堂沙羅の推理奇譚を読みました。


ちなみに閻魔堂沙羅の推理奇譚は、死ぬ前の記憶を頼りに、自分を殺した犯人や気にかかってることの謎を解き明かすことで、答えを知ること、生き返ること(ただし、負けると地獄行き)が出来るという閻魔大王の娘沙羅との推理ゲームを描いた作品です。


感想


死ぬ前の記憶を頼りに論理的に解き明かしていくというのが凄く面白かったです!

それに、沙羅と死者のやり取りも面白かったですし、いい方向に変わっての終わり方も好きです。

いやいや、面白かったです。

あ、そうだ、あとラストの登場人物の考えをうけて、閻魔大王がいるという感覚を持つのもなんか悪くないなぁと思いました。

私も少しはポイントを稼げるように頑張りたいです笑






このブログを検索

QooQ