メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス 感想

2022年7月27日水曜日

ミステリー小説

t f B! P L

加藤実秋さんのメゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウスを読みました!


過去にドラマ化された作品なんですけど、私、ドラマの方を結構見ていたんですよね。

なので、内容知ってるしなぁと(違う部分もあるんだろうけど)なかなか読めずにいたんですよ。

でも、見かける度に気になっていて、それなら、もういい加減読むか!とこの度やっと手に取ってみました。


ちなみに、メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウスは、元刑事ばかりがいるシェアハウスのおじさんたちが新人刑事の牧野ひよりと協力しながら難事件を解決していく連作短編集です。


感想


読みやすくて良かったです!

やっぱりキャラが凄く良いですね。

刑事に必要な能力を持った、しかも色んなタイプのおじさんたちの集まりなので、どんな難事件でも解決出来そうで頼もしいですし、おじさんたちが生き生きしているのも読んでいて楽しいです。

体力とかは落ちますけど、経験の強みも素晴らしいものだなぁと思います。
しかも、無償で解決してくれるし、ありがたい話ですなぁ。
ひよりは、ちょっと大変かもですが笑


続編もあるようなので、読んでみたいと思います!






このブログを検索

QooQ