Rのつく月には気をつけようをご紹介

2023年4月22日土曜日

ミステリー小説

こんにちは!

今回は、石持浅海さんのRのつく月には気をつけよう続編合わせてご紹介したいなと思います!(ちなみにシリーズ名なんですけど、私にはちょっとよくわかりませんでした。そのうちわかることがあったら修正しますね)


Rのつく月には気をつけようはこんな作品


Rのつく月には気をつけようは、大学時代からの友人、夏美、長江、熊井の3人が集まる(1はゲストがいて、2は1の終わりの方で加わったメンバーがいます)飲み会で出た話の謎を優秀過ぎる頭脳を持つ長江が解き明していくというお話です。


シリーズ一覧



Rのつく月には気をつけよう


Rのつく月には気をつけよう 賢者のグラス


ちなみに読む順番は、「Rのつく月には気をつけよう」→「Rのつく月には気をつけよう 賢者のグラス」の順です。


感想


お酒と肴と謎とという作品です。
あ、それと宅飲み限定です!

まぁこれ、実のところ私はアルコールを一切飲まないので、残念ながらわからない部分もありますが、気軽に読めるミステリーでとても楽しめる作品です。

お酒の肴っぽいのはあんまりですけど、食べ物も登場しますしね。
食べ物が登場する作品はミステリーに関わらず好きです!

それとメイン3人の雰囲気が良いのもいいなーって思います。
こういう気心の知れた仲間と食べ物と謎とというのは、読んでいて楽しいものです。

私も作中のお酒と食べ物の組み合わせ試せたら良かったんですけどね。
試せる方は是非。




このブログを検索

お問い合わせ

何かありましたらこちらのお問い合わせフォームよりお願いします。

QooQ