Anotherシリーズの読む順番をご紹介

2024年3月29日金曜日

こんにちは!


今回は、綾辻行人さんのAnotherシリーズの読む順番のご紹介です。


Anotherシリーズの読む順番


1 Another


夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎はいっそう深まるばかり。そんな中、クラス委員長の桜木が凄惨な死を遂げた! この“世界”ではいったい何が起きているのか!?

シリーズ1作目は、夜見山北中学三年三組に転校して来た榊原恒一が、ヒロインの鳴と出会い、三年三組にまつわる謎を追いかけます。


2 Another エピソードS

異能の美少女・見崎鳴は語りはじめる。1998年、夏休み。かつて夜見山北中学の三年三組で〈現象〉を経験した青年に会うため、〈湖畔の屋敷〉を訪れた時のことを。鳴が遭遇したのは、三ヵ月前に謎の死を遂げた青年の幽霊、だった。行方の分からない自分の死体を探す幽霊と鳴の、謎めいた冒険の結末は――!?

1998年。
災厄が始まってしまった夏休み。
鳴と自分の死体を探す幽霊の青年との物語を描いた作品です。



3 Another 2001

多くの犠牲者が出た1998年度の〈災厄〉から三年。――春から夜見山北中学三年三組の一員となる生徒の中には、三年前の夏、見崎鳴と出会った少年・想の姿があった。〈死者〉がクラスにまぎれこむ、という奇怪な〈現象〉に備えて、今年度は特別な〈対策〉を講じる想たち。だが、クラスに広がる不安と疑心が次第に歯車を狂わせていき……ついに惨劇の幕が開く!

3作目は、シリーズ1作目のAnotherから3年後のお話で、エピソードSに登場した想が主人公として再び登場します。

そして、鳴はかなり、というかヒロインとしてかな、と恒一もちょこっと出てきますよ!


ということで、まとめると、「Another」→「Another エピソードS」→「Another 2001」の順ですね。


ちなみに


ちなみに、これはあとがき(私が読んだのは文庫版で、単行本版でも触れているそうです)に書かれていたことなんですけど、Anotherには、続編の構想がもう一つあるそうで、予定しているタイトルは「Another 2009」。
「Another 2001」から8年後の夜見山を舞台とした長編で、たぶんこの作品がシリーズ最終作になるだろうとのことです(いつ執筆にとかはまだで、どうかのんびりお待ちくださいとのことなんですけどもね)

いつかそのうち読めたらいいなーくらいで待ちたいと思っています。

しかし、8年後ってみんな大人になってるなー。


それでは以上Anotherシリーズの読む順番のご紹介でした。








このブログを検索

お問い合わせ

何かありましたらこちらのお問い合わせフォームよりお願いします。

QooQ