倒叙型のミステリー小説をご紹介!

2020年12月4日金曜日

おすすめミステリー小説

t f B! P L
こんにちは!

今回は、私が今まで読んだ倒叙型のミステリー小説をご紹介したいと思います。


ちなみに倒叙型のミステリーというのは、犯人が最初からわかっちゃってて、犯人視点で物語が進んでいくミステリー作品のことです。


有名なのがコロンボや古畑任三郎ですね。
私、コロンボは残念ながら見たことありませんが(いつか見たい!)古畑は好きでもちろん全話見てますし、何なら再放送される度に見てます(*´∀`)


とても面白い作品ですので、見たことがない方は、是非是非見てみて下さいね。




さてそれでは、小説のご紹介です!

面白かった倒叙型のミステリー小説



扉は閉ざされたまま

石持浅海

大学の同窓会で後輩を殺害した伏見。
彼はわけあって後輩を殺害した部屋の扉を開けさせまいとします。
そんな伏見の犯罪を探偵役の碓氷優佳が追い詰めていきます。

扉を壊させない、開けさせないっていう設定と探偵と犯人の頭脳戦が凄く面白かった作品です。




皇帝と拳銃と

倉知淳

死神みたいな刑事乙姫警部と相棒の妙にイケメンな鈴木刑事が事件に挑む物語です。

どんな小さなことも見逃さない!探偵役の乙姫警部がじわじわと犯罪者たちを追いつめていきます。

初めて読んだ時は、倉知さんってホント何でも書けるなぁと感心してしまいました。




青の炎

貴志祐介

高校生の主人公、櫛森秀一が母親と妹を守る為に殺人を犯すっていう作品です。


切ないミステリーとしても有名な作品なんですが、本当にこの作品は切なくなります(´・ω・`)
切ない意外ないのよ、もう…。


倒叙の四季 破られた完全犯罪

深水黎一郎  

完全犯罪完全指南という裏ファイルを手に入れ殺害を実行する犯人たちを海埜刑事が追いつめます。   

犯人たちはかなり準備しているので、どう切り崩すのかなぁと楽しみながら読めました。  

勉強になる作品だなぁと思いました。



福家警部補の挨拶

大倉崇裕

探偵役は、刑事に見えない風貌の福家警部補という女性刑事なんですが、この福家刑事がとにかく鋭い!
するするっと、犯人を追いつめていっちゃいます。

読んだとき、あー!こういう倒叙ものを探してたんだよなぁって嬉しくなりました。


容疑者Xの献身

東野圭吾

天才数学者の石神が隣人の花岡母子の為に、完全犯罪を企てるというお話です。

ガリレオシリーズ第3作目です。

私ですね、東野さんの作品が好きで、ほとんど読んでいるのですが、その中でも容疑者Xの献身は大好きな作品です。



教場0 刑事指導官・風間公親

長岡弘樹

T県警には、風間道場と呼ばれる刑事育成のシステムがあり、各署にいる経験三ヶ月の刑事が、指導官の風間公親のもとで教えを受けます。
そんな新人刑事たちと風間教官が、完全犯罪を企てる犯人たちと対峙する物語です。

たまたまこのページを書き直してる時に読んでいたんですけど、倒叙ものなことを知りまして。

面白かったので追記したんですが、ただ、教場0は教場シリーズとしては3作目になっちゃうんですよね(時系列的には1より前)
なので、シリーズの順番通り読みたい方は倒叙ものではありませんが、教場、教場2を読んでからどうぞ!



ということで以上倒叙型のミステリー小説のご紹介でした!






スポンサーリンク

このブログを検索

QooQ