宮部みゆきさんの「ぼんくらシリーズ」の読む順番をご紹介!

2021年3月29日月曜日

宮部みゆき

t f B! P L

こんにちは!


今回は、宮部みゆきさんの時代ミステリー小説「ぼんくらシリーズ」の読む順番をご紹介したいなと思います。


ぼんくらシリーズとは


ちなみにぼんくらシリーズとは、怠け者な同心井筒平四郎と美形な甥っ子、弓之助が活躍するシリーズのことです!


読む順番は?


さて、それでは以下読む順番です!


ぼんくら



「殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」――江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺された。その後、評判の良かった差配人が姿を消し、三つの家族も次々と失踪してしまった。いったい、この長屋には何が起きているのか。ぼんくらな同心・平四郎が動き始めた。


日暮らし


十八年前に生き別れた母と子。聞きたいことは山ほどあった。それなのに。

佐吉が人を殺めた疑いで捕らえられた。しかも殺した相手は実の母、葵だという。生き別れた親子に何があったのか。「この世のことを一人で全部背負い込むわけにはいかないんだよ」。辛くても悲しくても決して消えてなくならない遺恨と嘘。本所深川の同心、平四郎と超美形の甥っ子、弓之助は真実を探り始める。


おまえさん


痒み止めの新薬「王疹膏(おうしんこう)」を売り出していた瓶屋の主人、新兵衛が斬り殺された。本所深川の同心・平四郎は、将来を嘱望される同心の信之輔と調べに乗り出す。検分にやってきた八丁堀の変わり者“ご隠居”源右衛門はその斬り口が少し前に見つかった身元不明の亡骸と同じだと断言する。両者に通じる因縁とは。


の順です!


このシリーズは、キャラが良くて、ぐいぐい読めちゃう作品なので、是非是非読んでみて欲しいなぁと思います。


それでは。





スポンサーリンク

このブログを検索

QooQ